自由診療による治療

ワキガ手術(吸引法)

ワキガ治療「 吸引法」について

吸引法とは、脇の1部の皮膚を5ミリ~1センチ切開し、そこから吸引するための極細の管を挿入しての先端部分から臭いのもととなる「アポクリン汗」腺と「エクリン汗腺」を吸い出していく方法です。
以前、吸引法での治療はは剪除法より効果が劣るとされていましたが、現在では吸引するため管の改良が進んだため、ほぼ同じ効果が得られます。
今まで一般的な治療法である「剪除法」と比べ、傷あとが小さくて済みますし、脇への負担も少なく、何といっても経過が早いのがこの方法です。
症状が、軽度~中度の方に特におすすめしています。

【「剪除法」と「吸引法」】

ワキガの治療法には、主に「剪除法」と「吸引法」の二種類あります。(当院ではさらにボトックス注射を使用しての治療も行っております。)
「剪除法」とは脇の下を切開し、直接「アポクリン汗」腺と「エクリン汗腺」を取り除く手術です。
しかし、においに敏感な方など、ご自分だけが気になるにおいである場合もあります。
ご自分の症状やにおいの程度、施術のご希望に合わせて、医師とよく相談して決めることが大切です。

腋臭症手術(吸引法)の手術の流れ

ワキガ治療の吸引法手術時間は約1~2時間です。
ワキガ治療の吸引法手術は、局所麻酔を使用して行います。
手術には、臭いのもとを吸い出すために極細の管を使用しているため、傷あとも小さく、脇への負担も少いのが特徴です。

【 STEP. 1 】
消毒・局部麻酔
脇の下を消毒した後、局部麻酔を行います。

【 STEP. 2 】
切開
脇の下の皮膚を5ミリ~1センチほど切開します。

【 STEP. 3 】
吸引
極細の管を挿入し、臭いのもととなるアポクリン腺やエクリン腺を吸引します。

【 手術後のアフターケア 】

■ ワキガの手術は入院不要です。
■ 手術後約4日でタイオーバー(固定の綿を取り除くこと)に来院が必要です。
■ その後は週1回程度、傷の経過を拝見するため来院が必要です。 抜糸は2週間後に行います。
■ 手術後2週間は安静にして下さい。
■ 男性の場合手術後約2ヶ月、女性の場合約1ヶ月半でガーゼの交換が必要なくなり、入浴や運動の制限がなくなります。
■ 完治するまでの間は毎日軟膏塗布とガーゼ交換が必要になり、通院は最低週に1回程度お願いしています。 経過によってはさらにご来院回数が増える場合もございますが、その都度経過により医師が指示させていただきます。 また、手術後約1ヶ月目に傷の状態を見せてもらうことがあります。

■ わきの傷口を濡らすことができないので、しばらくの間、入浴は腰までとなります。
■ シャワーは、わきの下の傷口が濡れないように注意していただければ可能です(タイオーバーをはずすまで)。
■ わきに直接衝撃・刺激を与えなければ、手術当日から日常生活ができます。
■ お仕事や学校を休む必要はありませんが、1~2週間は腕を激しく動かしたりする運動はできません。
■ 車の運転はできます。
■ 重たいものを持たない仕事(軽作業)であれば、翌日からでも仕事ができます。

術後の処置方法

ワキガ手術(剪除法)と(吸引法)の違い

治療方法 剪除法 吸引法
保険適応 有り 無し
傷の状態 残る ほとんど目立たない
治療期間 長い 短い
負担 有り 小さい
備考 皮膚へのダメージあり。
ワキの毛が薄くなる。
負担は小さく、
術後のダウンタイムもほとんどなし。

ワキガ手術(吸引法)の料金について

手術名 価格
ワキガ手術(吸引法) 180,000円(税抜)
PAGE TOP