吸引法によるワキガ治療をはじめました

当院では、「剪除法」「ボツリヌストキシン注射」以外に第3の治療法としまして「吸引法」でのワキガ治療をはじめました。

脇の下の1部の皮膚を5ミリ~1センチほど切開し、そこから極細の管を挿入して、端部分から臭いのもととなる「アポクリン汗」腺と「エクリン汗腺」を吸い出していく治療法です。

今まで一般的な治療法である「剪除法」と比べ、傷あとが小さくて済みますし、脇への負担も少なく、何といっても経過が早いのが特徴です。

症状が、軽度~中度の方に特におすすめしています。

ワキガ手術吸引法についてはこちら

PAGE TOP